600円×6ヶ月割引キャンペーン中 

格安SIM「LIBMO(リブモ)」の料金プランや速度、口コミやキャンペーンを完全解説

 

このサイトは、人気の格安スマホ「LIBMO」(リブモ)について詳しく解説するサイトです。

このサイトを見れば、LIBMOの料金プランや設定手順、おすすめ端末やお得なキャンペーン情報まで、何でもわかります。

ぜひご覧ください!

 

▼申し込み・詳細はこちら▼

LIBMO公式サイト 

 

LIBMOってどんな格安SIMの会社?

 

LIBMO(リブモ)は、「TOKAIコミュニケーションズ」という会社が運営する格安スマホキャリアです。

「TOKAIコミュニケーションズ」は社名に”TOKAI”とあるように、主に愛知や静岡などの東海地方で有名な会社です。

そのため、東海地方以外の地域にお住まいの方にはあまりなじみが無いかもしれません。

 

ですが、スマホ料金が非常に安く、さらに通信速度が安定しているため、全国で利用している方がたくさんいらっしゃいます。

私も現在LIBMOのSIMカードを利用していますが、その快適さに非常に満足しています。

 

LIBMOは全国で使えるの?通信速度は?

 

リブモは全国で使える!

 

LIBMOはNTTドコモのLTE回線を借りて運用しています。

そのため、ドコモのスマホが使えるエリアなら全国どこでも使用できます

ドコモのLTE回線の人口カバー率は99%を超えていますので、一部の山間部などを除くとほぼ全てのエリアでLIBMOを利用できるということです。

 

前章でLIBMOの地盤は東海地方と解説しましたが、全国で使えますので安心して利用してください。

 

LIBMOの速度は十分

 

格安スマホに乗り換える際、一番不安なのが通信速度です。

格安スマホの多くはドコモやauの回線の一部を借りて運用しています。

そのため、通信速度の数値を比較すると、ドコモやau、ソフトバンクと比べて劣ります。

 

しかし、数値が劣っているからといって「遅い」というわけではありません。

普段スマホを使うのに必要な通信速度は1Mbps程度といわれていますが、LIBMOは安定して快適な速度を保っています。

実際に私もLIBMOを使っていますが、通信速度について不満に思ったことはありません(これ本当です)。

 

LIBMOはお昼に速度が落ちる

 

ただし、スマホの通信が集中するお昼の12~13時や夕方~夜間にかけては通信速度が遅くなる傾向にあります。

これはLIBMOだけに限らず、どの格安スマホキャリアでも同じです。

通信速度にこだわる方は、少々料金が高くなりますがドコモやau、ソフトバンクで契約したほうがよいでしょう。

 

LIBMOの通信速度を実際に計測した結果は、下記記事にまとめています。

詳細記事LIBMOの通信速度を実際に計測しました!

 

▼申し込み・詳細はこちら▼

LIBMO公式サイト 

 

LIBMOでできること・メリット

 

LIBMOは手持ちのスマホが使える!

 

LIBMOの活用方法として最も多いのが、手持ちのスマホにLIBMOのSIMカードを挿して使用するという方法です。

SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。

このカードを手持ちのスマホに挿入することで、このスマートフォンが誰のものかを識別し、通信ができるようになります。

 

 

スマホをすでにお持ちの方は、LIBMOのSIMカードを挿せば、LIBMOの料金プランでスマホを使うことができます

 

ただし、auやソフトバンクのスマホ端末を使う場合は、事前に端末のSIMロック解除が必要です。

SIMロック解除とは、購入したスマホ端末を他のスマホキャリアで使用できるようにロックを解除する手続きのことです。

ドコモで購入した端末やSIMフリー端末はSIMロック解除不要で、SIMカードを挿せばそのまま使用することができます。

 

スマホ購入元SIMロック解除
SIMフリー
不要
ドコモで購入
auで購入
ソフトバンクで購入

 

具体的な乗り換え手順については、下記記事を参照ください。

参考記事LIBMOへのMNP乗り換え手順

 

▼申し込み・詳細はこちら▼

LIBMO公式サイト 

 

LIBMOでiPhoneも使えます

 

 

LIBMOでは、もちろんiPhone端末も使用することができます。

ドコモやau、ソフトバンクで購入したiPhoneもLIBMOで使えますし、アップルストアでiPhoneを購入して使うこともできます。

「絶対にiPhoneがいい!でも毎月のスマホ料金は抑えたい…」

そんな方にLIBMOは大変おすすめです。

 

iPhoneの具体的な設定手順についてはこちらをご覧ください。

参考記事LIBMOでiPhoneを使う全手順

 

LIBMOでスマホ端末が買える

 

LIBMOは手持ちのスマホを使えるだけでなく、新たにスマホ端末を購入することもできます

初めてスマホに契約される方や、LIBMOへの乗り換えを機に新しい機種にしたいという方にも安心です。

LIBMOでは今一番人気のスマホメーカーHUAWEI の「nova lite 2」や「P10 Lite」、ASUSのZenFoneシリーズ、国産メーカーシャープや富士通の人気スマホを取り揃えています。

 

スマホとセットで契約される方は下記記事を参考にしてください。

参考記事LIBMOのおすすめスマホ端末ランキング

 

LIBMOのデータSIMはタブレットやモバイルルーターにも最適

 

LIBMOが使えるのはスマホだけではありません。

タブレットやモバイルルーター(ポケットWi-Fi)にも非常におすすめです。

 

LIBMOでは音声通話機能が無い「データ専用SIM」や「SMS機能付データSIM」を契約することもできます。

私も手持ちのモバイルルーター端末にLIBMOのデータ専用SIMカードを挿して使っていますが、速度も安定していますし、何より料金が格安なので大変重宝しています。

使い方や設定手順は下記記事を参照ください。

参考記事LIBMOのデータSIMの設定手順・活用方法

 

▼申し込み・詳細はこちら▼

LIBMO公式サイト 

 

LIBMOの料金プランは?いくら節約できる?

 

LIBMOならスマホ料金を毎月5,000円削減!

 

格安スマホに乗り換えることの最大のメリットは、毎月のスマホ料金を抑えられることです。

特にLIBMOは月額料金が低額でさらにお得なキャンペーンを実施しているため、料金を非常に安く抑えられます。

 

私は以前ドコモのスマホを契約していましたが、月5GBのプランで毎月8,000円以上支払っていました。電話をすれば、さらに通話料が加算されます。

しかし、LIBMOなら毎月6GB使えて税別2,180円です。

さらに、10分以内の国内通話が何度でも無料になる通話オプションをつけても約3,000円でおさまります。

 

 

毎月5,000円、年間だと6万円の節約になります。さらに、例えば家族3人でLIBMOに乗り換えれば、年間で18万円もの節約も可能です。

18万円は驚異的ですね。この金額を見ると乗り換えずにはいられません。

 

▼申し込み・詳細はこちら▼

LIBMO公式サイト 

 

LIBMOの音声通話SIMの料金プラン

 

音声通話SIMとは、データ通信と音声通話機能がついたSIMカードです。通常、スマホには音声通話SIMを挿して使います

音声通話SIMの料金は以下の通りです。

▼音声SIMの料金プラン▼

データ量基本料金
3GB¥1,580
6GB¥2,180
10GB¥2,980
20GB¥4,680
30GB¥6,580
ライトプラン
(低速無制限)
¥1,180

 

表の通り、月10GB使っても3,000円以内でおさまります。

最も契約者の多い3GBのプランなら月1,580円です。

 

音声通話SIMの料金詳細は下記記事で詳しく解説しています。

参考記事LIBM音声SIMの料金プランを解説

 

LIBMOのデータSIMの料金

 

タブレットやモバイルルーター(ポケットWi-Fi)に挿して使える「データ専用SIM」「SMS機能付SIM」の料金も格安です。

基本的にはデータ専用SIMでよいと思いますが、タブレットでLINEやFacebook、モバゲーなどを利用する場合はSMS認証が必要な場合があるので、その場合はSMS機能付SIMを契約してください。

 

▼データSIMの料金プラン▼

データ量データ専用SMS機能付
3GB¥880¥1,020
6GB¥1,480¥1,620
10GB¥2,280¥2,420
20GB¥3,980¥4,120
30GB¥5,880¥6,120
ライトプラン
(低速無制限)
¥480¥620

 

データSIMの料金詳細は下記記事で詳しく解説しています。

参考記事LIBMOのデータSIMの料金プランを解説

 

▼申し込み・詳細はこちら▼

LIBMO公式サイト 

 

お得なオプションも追加できる

 

LIBMOでSIMカードを契約する場合、データ通信や音声通話だけでなく様々なオプションを追加することができます。

ご自分のスマホの利用スタイルに応じて好きなオプションを選択できますし、不要であれば契約する必要はありません。

 

特に10分以内の国内通話が何度でも無料になる「10分かけ放題」(月額850円)や、端末故障時に新しい端末が提供される「端末保証サービス」(月額380円)などが人気です。

 

LIBMOで買えるスマホは?おすすめは?

 

LIBMOでは、スマホとセットでSIMカードを契約することができます。

スマホを初めて契約される方や、LIBMOへの乗り換えを機に新しい端末を使いたい方は、LIBMOでスマホ端末を購入することができます

 

高機能・低価格でコスパ抜群のスマホや、マニアも満足の高機能スマホ、バランスの良い国産スマホや初めての方向けの低価格スマホなど、ラインナップが豊富なのが嬉しいですね。

 

特におすすめなのは2018年2月に発売されたファーウェイの「nova lite 2」と、シャープ製で欠点の無いバランス抜群のスマホ「AQUOS sense lite」の2機種です。

 

おすすめスマホはこちらで詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

参考記事LIBMOのおすすめスマホ端末ランキング

 

LIBMOにMNPで乗り換える方法は?携帯番号は変わる?

 

現在ドコモやau、ソフトバンクをはじめとした他のスマホ会社に契約している方も、LIBMOに乗り換えることで毎月のスマホ料金を大幅に削減することができます。

また、MNP(携帯電話番号ポータビリティー)という制度のおかげで、現在使用している携帯電話番号はそのままでLIBMOに乗り換えることができます

携帯番号の変更をみんなに伝える必要が無いので大変便利ですね。

 

乗り換えは主に以下の5つの手順で完了します。

  1. SIMロック解除(端末を流用する場合)
  2. MNP予約番号取得
  3. LIBMOに契約
  4. SIMカードをスマホ本体に挿入
  5. 各種設定(APNプロファイルの設定)

 

繰り返しになりますが、au・Softbankで購入した端末を流用する場合は、スマホ本体のSIMロック解除が必要です。事前に各キャリアで手続きをしましょう。

ドコモで購入した端末をそのまま使う場合や、SIMフリー端末を使う場合はSIMロック解除は必要ありません。

 

乗り換えの詳細はこちらの記事を参考にしてください。

参考記事LIBMOにMNPで乗り換える方法

 

LIBMOのメリットは?デメリットはある?

 

リブモのメリット

 

LIBMOでスマホやタブレットを使う場合のメリットは以下の通りです。

  • スマホ料金が非常に安い
  • 余ったデータを翌月に繰り越せる
  • マイページでデータ残量がすぐにわかる
  • プラン(データ容量)を毎月無料で変更できる
  • データ使い放題のプランがある
  • 最低利用期間が1年と短い
  • 安心のドコモLTE回線を使用している
  • 手続きがネットで完結、非常に簡単

 

一番のメリットはやはりスマホ料金が安いことです。

私はドコモからの乗換えで月5,000円、年間で60,000円の節約に成功しました。

 

また、余ったデータ容量を翌月に繰り越せるのも嬉しいです。

さらに、翌月は繰り越したデータから先に消費されるので、更に翌月に繰り越ししやすくなっています。

 

さらにさらに、最低利用期間(いわゆる縛り期間)が1年と短いのも特徴です。

ドコモやau、ソフトバンクは短くとも2年なので、LIBMOはその半分の期間でOKです。

LIBMOには自動更新もありませんので、1年経過すればいつでも解約・MNP転出することができます。

参考記事LIBMOのメリット・デメリット総まとめ

 

リブモのデメリット

 

一方、デメリットもいくつかあります。

  • 通信速度は大手キャリアに劣る
  • データ通信速度の高速⇔低速切替不可
  • 支払いはクレジットカードのみ(口座振替不可)
  • 知名度が無いので不安…

 

やはり一番気になるのは通信速度ですね。

冒頭でも解説しましたが、3大キャリアに比べると通信速度は劣ります。

どの格安スマホキャリアも3大キャリアにはかないません。

私は今まで都内で使用して不満に感じたことはありませんが、通信速度にこだわる方は料金を払ってでも3大キャリアにしましょう。

 

また、もうひとつは知名度がないことですね。

LIBMOの地盤は東海地方なので、それ以外の地域の方にはあまり馴染みがなく、少々不安に感じるかもしれません。

 

LIBMOのメリット・デメリットの詳細は下記記事に詳しく解説しています。

参考記事LIBMOのメリット・デメリット総まとめ

 

LIBMOの評判・口コミを知りたい!

 

LIBMOを実際に使用している方の声を集め、別記事「LIBMOの口コミ・評判」にまとめました。

やはり一番多いのが料金の安さに関する口コミです。

大手キャリアから乗り換えて料金を大幅に節約できたという喜びの声がたくさんありました。

 

通信速度は賛否両論ありますが、意外に満足という声が多いですね。

ただ、やはり昼の12~13時は急に速度が遅くなるという声もあるようです。

 

さらに、キャンペーンの利用で料金が更に安くなったという声もあります。

LIBMOでは定期的にお得なキャンペーンを実施していますので、タイミングが合えばさらに料金を節約することができます。

参考記事LIBMOの口コミ・評判総まとめ

 

LIBMOでお得なキャンペーン実施中!

 

LIBMOでは現在、2018年12月20日までの期間限定で音声SIMの月額料金が6ヶ月間600円引きになるキャンペーンを実施しています。

音声SIMのみ、どのプランでも月額料金が半年間(6ヶ月間)600円割引になります。低速無制限のプランも対象です。

 

現在実施中のキャンペーン詳細や条件はこちらをご覧ください。

参考記事LIBMOで実施中のセール・キャンペーン一覧

 

LIBMOへの申し込み方法はこちら!

 

以上、人気の格安スマホ「LIBMO(リブモ)」の解説でした。

私はドコモからLIBMOに乗り換え、毎月5,000円、年間6万円の節約に成功しました。

LIBMOは通信速度も十分ですし、サポートなども手厚いので大変満足しています。

 

さらに、今ならお得なキャンペーンを期間限定で実施中です。

月額料金が割引になり、オプションも更に割引になりますので、契約を検討中の方はぜひお急ぎください!

LIBMOの申込みは「LIBMO公式サイト」からどうぞ!

 

▼申し込み・詳細はこちら▼

LIBMO公式サイト 

 

LIBMOの評判・口コミまとめ【2020年】速度やデメリット・キャンペーンも【リブモ】